蝸牛の歩み

蝸牛の如く,ゆっくりでも着実に前へ・・・

フォーカスブラケット撮影の自動化

フォーカスブラケット撮影を行うには、OLYMPUSのカメラなどフォーカスブラケット機能が元々あるものもあるが、そうでない場合にはカメラか被写体を少しずつ動かして撮影する必要がある。私の場合は、職場のコピースタンドに取り付けられている微動装置で動かしているが、メモリがついているわけでもなく、移動量は勘に頼っている。もう少し移動量を細かく制御したいところだ。

Helicon remote

Helicon Remote – Helicon Soft
ダウンロードしてみた。1 year license $55。1ヶ月無料で試用できる。MacにUSBケーブルで接続し、EOS Kissを制御してフォーカスブラケット撮影ができる。フォーカスが制御できるレンズなら使えるが、MP-E65mmとか、顕微鏡対物レンズ撮影では使えない。またピントの移動量もそんなに細かくできなさそうなので、結局微動ステージが欲しい。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る」でも紹介されていた。

StackShot Macro Rail Package

StackShot Macro Rail Package
電動のスライダー。$579.00。「超拡大で虫と植物と鉱物を撮る」でも紹介されていた。

WeMacro rail

WeMacro rail (100mm type,with power bank cable for outside) – Wemacro Rail
電動のスライダー。$299.00。安い!スマホWindows PC、Macから制御し、自動で移動しながらカメラのシャッターを切れるようだ。1µm単位で移動できるのかな?耐荷重はどのくらいだろう?重いレンズを付けた状態で垂直にセッティングして動作するだろうか。

ミッドウェー

レンタルDVDで「ミッドウェー」の続きを見た。
日本人役の役者が日本人じゃないようで、片言の日本語なのが気になって気になって。何で日本人を使わないんだろう。
あと登場人物が多くて、2回に分けて見たこともあって、誰が誰やらよくわからなかった。

成分献血

献血状況が相変わらず「非常に困っています」なので、献血に行ってきた。
前回途中まで見た「9人の翻訳家」はレンタルで見たので、今度は「1917 命をかけた伝令」。本当は「新聞記者」を見たかったんだけど、なぜか番組表(紙)にはあるのに、実際のVODには見当たらなかった。