蝸牛の歩み

蝸牛の如く,ゆっくりでも着実に前へ・・・

成分献血

献血者が少なくて危機的状況というのを何かで見て献血へ。でも数日前に新聞に載ったためか、満員御礼だった。ウェブには400mlが足りてないから成分献血で予約してても400mlに変更してもらう可能性があるって書いてあったけど、特に依頼されずそのまま血小板成分献血。VODはワイルド・スピード ICE BREAK。登場人物が多くて混乱する。

成分献血

献血の状況を見たら「非常に困っています」だったので、成分献血へ。ビデオは「決算!忠臣蔵」。そう言えば時代劇に興味がなかったから忠臣蔵って見たことないかも。教養として知っておかないといけないやつだよね。ただ、スピーカーの調子が悪くて音量マックスにしても小さい声が聞き取れなかった。さらには字幕ボタン押しても反応なく、ストーリーがいまいちよく分からなかった。

大みそか

雑煮や煮染めを作るための材料を調達にスーパーへ。今年は大豆もやしがあるにはあったが、徳用の大袋だったのでパス。普通のもやし(ブラックマッペ)にした。鶏ガラ、年越しそば用のかき揚げは買えた。カンパチは大きな柵しかなかったので天然ブリにした。なかなか去年みたいにパーフェクトにはいかないねぇ。

連絡先フォームを設置しました

連絡が欲しいというコメントが書き込まれたものの、肝心の連絡先が書かれていなかった。おそらく、コメントフォームには「メールアドレス欄(非公開)」があり、コメントを書いた方はそれがブログ主にメール等で届くと思われたのだろうが、実際にはブログ主にも非公開のようだ。先方がメールアドレスを公開してもよいというならコメントに書いてもらうだけだが、もし公開できないといわれると困ってしまう。こちらも一応匿名の日記で、連絡先も公開していないので、連絡を取っていただけない。
そこでふと思い出したのが、こちらの記事。
はてなブログに「なぞなぞ認証」つきメールフォームを設置 - ただいま村
Googleフォームで連絡用フォームを作ったよ、スパムよけをつけたよ、という話。これをそのままパクらせていただき、件のコメントの返信に書くとともに、「このブログについて」にも連絡用フォームを掲載。しかし、その方、見てくれるだろうか。
実はこの日記も過去にアフィリエイトを利用していたことがあるので、はてなブログガイドライン上、連絡先を公開しないといけなかったらしい。今さらながら、ガイドラインを遵守することとなった。

自転車用ライト

今まで使っていた自転車用のライトは充電式なのだが、電池の持ちが悪くなってきた。通勤に使うだけなら10分20分なので大丈夫だが、それでも毎日充電しないと不安な感じ。しかし買い物とかでウロウロすると、途中で切れてしまうことがある。それじゃ困るので買い替え。

ヨコタサイクルという自転車屋で、ブリヂストンのバッテリーライトを購入。店の人は明るいよーと言っていたけど今までのと比べると暗い。けどまあ十分か。ヨコタサイクルさん、取り付けもしてくれたし、空気まで入れてくれてとても親切だった。職場から近いし、また利用しよう。

f:id:xnissy:20211222194323j:image

 

 

 

ヘッドライト

愛用していたヘッドライトが壊れてしまった。スイッチを押しても電源が入らない。センサーモードでは点灯するので使えなくはないが、誤反応が多すぎて使い物にならない。今まで使っていたのは、N-ForceのSQ-04R。1000lmを謳っていて、10000ルーメンを自称するライトに比べるとやはり暗いものの調査には十分明るく、また電池の持ちもまあまあ(夜磯で干潮の前後2時間くらい使っていると、最後は暗くなる)。ただ、IPX6 防水とはいえ充電用端子に海水が入って錆びてしまった。再購入するには耐久性に難あり。
これとは別に買ってもらったものがあり、8個くらいLEDがついているもので明るさは十分なのだが、電池の持ちはイマイチ。
買い換えるとすると……N-FORCE SP260Rかなあ。

品番・リンク 光束 電池 連続点灯時間 防水 備考
hy-136 1000 18650×2 強モード4〜5時間 IPX4防水 連続点灯時間など、スペック上は今使っているものと比べて見劣りする。
N-FORCE SP260R 1000 専用充電池 強モード8時間 IP67防水 電池容量記載なし。今持っている18650が使えないのは残念。3380円と高価。
f0409 1200 18650×2 強モード約5時間 IP65防水 電池別売で1300円と安い
2052-raito 1000 1200mAhリチウム充電池 IPX6防水 バッテリー容量からして点灯時間は短いものと思われる。

成分献血

献血ルーム成分献血。予約して行ったのに混んでて待たされた。まあ、献血する人が多いのはいいことだ。ビデオは「権力に告ぐ」を途中まで。主人公は正義感あふれる……と言いたいところだけど捜査のためなら違法行為も辞さないヤツでそれはそれでどうなんだという。今ひとつ引き込まれない。