蝸牛の歩み

蝸牛の如く,ゆっくりでも着実に前へ・・・

成分献血

献血状況が「非常に困っています」だったのと、天気が悪い予報だったので献血ルームへ。オンデマンドは「決戦は日曜日」。面白いっちゃ面白いんだけど、主人公がもう少し共感できるキャラだといいのに。
予報に反して雨はほとんど降らなかったので調査に行けばよかった。

iPhone買い換え

iPhone SE2のバッテリーがへたってきて、「著しく劣化しています」と言われるようになった。買って2年以上経ったし、そろそろ買い換えどきかねえ。SE3が第1候補だけど、13 miniもサイズ的にはいい感じ。13 miniが小さいと言っても本体サイズが小さいだけで、ディスプレイサイズはむしろ大きいらしい。メモリはSE2が3GBのところ、SE3と13 miniはどちらも4GB。13 miniのFace IDは使ったことがないから分からないけど、マスクしてると認識されないって話聞くんだよね。カメラは13 miniの方がナイトモードもあってよさげ。電源は両方Lightningか。値段はSE3の方が安い。うーん。

Twitterで特定アカウントの特定ハッシュタグを自動リツイート

メモ。

TwitterAPIを利用する為にDeveloperアカウントの申請を行う

参考:

「TwitterAPIの申請に使ったことがない電話番号を持っていること」という条件が割とネック。職場の電話番号を試しに入れてみたけど、電話はかかってこなかった。"We'll send your verification code to ###########. Standard SMS, call and data fees may apply." と欠いてあるが、SMSオンリーなのか。
Twitterに登録する電話番号は、同一番号で10アカウント可能ということなので、試しに同じ番号を登録してみた。とりあえず大丈夫っぽい。

Google Apps Script(GAS)

認証まではこちらが丁寧な解説。

コードはこちらを参考にした。
スプレッドシートはgetActiveSpreadsheetではなく、あらかじめ作成しておいたシートのIDでopenByIdした。また、中身に適当なtweetのIDを入れておいた。

Twitter API v2

"You currently have Essential access which includes access to Twitter API v2 endpoints only." とか何とか言うエラーが出るので、twitterデベロッパーサイトでElevated accessに申し込む。
もう一度mainを実行してテスト。エラーが出ないことを確認。

スケジュール設定

トリガーを5分おきに実行するよう設定。

成分献血

成分献血へ。成分は相変わらず「非常に困っています」だったが、400mlは珍しく(?)「安心です」になっている。ひょっとして安部さんが輸血を受けたことをきっかけに献血しようと思った人がたくさんいたのか?
VODは「空飛ぶタイヤ」。

成分献血

献血者が少なくて危機的状況というのを何かで見て献血へ。でも数日前に新聞に載ったためか、満員御礼だった。ウェブには400mlが足りてないから成分献血で予約してても400mlに変更してもらう可能性があるって書いてあったけど、特に依頼されずそのまま血小板成分献血。VODはワイルド・スピード ICE BREAK。登場人物が多くて混乱する。

成分献血

献血の状況を見たら「非常に困っています」だったので、成分献血へ。ビデオは「決算!忠臣蔵」。そう言えば時代劇に興味がなかったから忠臣蔵って見たことないかも。教養として知っておかないといけないやつだよね。ただ、スピーカーの調子が悪くて音量マックスにしても小さい声が聞き取れなかった。さらには字幕ボタン押しても反応なく、ストーリーがいまいちよく分からなかった。

大みそか

雑煮や煮染めを作るための材料を調達にスーパーへ。今年は大豆もやしがあるにはあったが、徳用の大袋だったのでパス。普通のもやし(ブラックマッペ)にした。鶏ガラ、年越しそば用のかき揚げは買えた。カンパチは大きな柵しかなかったので天然ブリにした。なかなか去年みたいにパーフェクトにはいかないねぇ。